ページ内を移動するためのリンクです

現在ページ

導入事例

株式会社北國銀行様 -働き方改革-

”地方銀行業界のイノベータ”として有名な北國銀行様。
POWER EGG活用による生産性向上の取組事例をご紹介します。
【過去の事例紹介】

・POWER EGG2.0導入編

2011年10月にPOWER EGG 2.0が稼働。改善手段の1つとしてITインフラの見直し、とくにグループウェアおよびワークフローシステム刷新の必要性を重視され、いくつかの製品の比較検証を経てPOWER EGG 2.0の導入に至りました。

・Webデータベース活用編

《Webデータベース》および《ファイル管理拡張オプション》《機能間の横断検索》がペーパーレス化推進の3本柱。今やWebデータベースを使い、100種以上の銀行業務用テンプレートをフル活用する北國銀行様では『本部業務の95%はPOWEREGGで完結』。

株式会社北國銀行 プロフィール
(注:企業データは2015年3月時点)
株式会社北國銀行様
設立 : 1943年設立 本社所在地 : 石川県金沢市 103店舗
資本金 : 26,673百万円 従業員数 : 1,780名(嘱託・ビジネススタッフ除く)
業務内容 :
・預金業務
・貸出業務
・商品有価証券売買業務
・有価証券投資業務
・内国為替業務 等
POWER EGG 導入時期 :
2009年12月:POWER EGG2.0について認知
2010年01月:導入検討(運用移行検証)開始
2010年08月 : POWER EGG2.0導入推進方針を策定
2011年02月:POWER EGG2.0導入決定
2011年10月:稼働開始
2015年03月:POWER EGG 2.0 Ver2.7にバージョンアップ
稼働ライセンス数 :
・約3,000ライセンス
稼働機能 :
・グループウェア、ファイル管理、汎用申請ワークフロー、Webデータベース

※取材ご協力者

株式会社北國銀行様

(右)代表取締役 専務   杖村 修司 氏
(左)総合企画部 企画課長 今井 豊 氏

この事例に登場するPOWER EGG2.0 機能

  • 導入事例

ページの終わりです