ページ内を移動するためのリンクです

現在ページ

価格体系

製品体系/購入方法

価格構成の考え方

製品ライセンス+SE導入作業+ハードウェア

POWER EGGライセンス購入方法について

必要なライセンスは

POWER EGG2.0導入には、基盤となる『ベースシステム』の購入が必須となります。 その上で、『利用機能ライセンス』を必要な機能の分だけ購入していただきます。

必要ライセンス=ベースシステム+利用機能ライセンス
  • ※ベースシステムは、ポータル・エンジン・システム管理、APIを含みます。
  • ※ベースシステム単体のみの購入はできません。必ず利用機能ライセンスを同時に購入ください。
  • ※APIの使用には、オプション製品「SDK API使用権許諾」が必要となります。
  • ※ベースシステムの価格は「累計購入ライセンス数」によって異なります。
  • ※利用機能ライセンスは、「グループウェア」「汎用申請ワークフロー」「ファイル管理」「CRM」「Webデータベース」を指します。
  • ※利用機能ライセンスの単価は「購入毎のライセンス数」によって異なります。
  • ※利用機能ライセンス数はベースシステムの許諾するライセンス数を超えての購入は行えません。
  • ※CRMを利用する場合には「Webデータベースライセンス」も必要となります。
  • ※保守価格は年額です。保守内容についての詳細情報は価格体系/製品保守サービス内容をご参照ください。
  • ※保守契約は必須となります。

ページの終わりです