ページ内を移動するためのリンクです

現在ページ

機能紹介

自治体版

POWER EGG2.0 自治体版

POWER EGG【自治体版】は、「職員一人ひとりの仕事に最も必要な4つの情報」と「業務を的確に効率よく処理するための3つの場」を 判りやすくシンプルに提供する職員ポータルです。

職員の「気づき」→「行動」を支援、簡単な操作と高度な機能性を実現

庁内業務や電子化・効率化を加速させ、 ムダ・ムリ・ミスなく職員・住民から支持される自治体経営を実現します。

職員ポータル:NaviView
  • 職員ポータル・・・情報の埋没を防ぎ、必要な情報に「気づき」ます。
  • ・ログインした職員の「所属部署」「役職」などのアクセス権限に応じた必要な情報をプッシュ配信
  • ・然るべき人に必要な情報を適切なタイミングでルール通りに配信
  • ⇒ スピード・効率の向上!
  • パソコン習熟度に関係なく「気づき」を与えて「行動」を促します。
  • ・1画面に一覧表示されていることで、やるべき仕事の「優先度」をつけることができます。

機能特長

POWER EGG【自治体版】が実現できること

  1. 庁内業務が効率化します。
  2. 省力化・省時間化が促されます。
  3. 庁内コミュニケーションが円滑化します。
  4. 情報共有・情報利用が活性化します。
  5. 担当部門間連携が徹底します。
  6. 職員個人の業務スキルがアップします。
  7. 基幹システムとシームレスに連携します。

【職員一人ひとりの仕事に最も必要な4つの情報】

  1. 1.全職員で共有したり知っておかなければならない情報
  2. 2.自分が今しなければいけない行動や作業・上司からの指示
  3. 3.自分宛に届いた未読(読まなければいけない)メール情報
  4. 4.速やかに対処しなければいけない問題や課題
    (基幹システムからのアラーム、住民からの申請や苦情など)

【的確で効率よく業務処理するための3つの場】

  1. 1.仕事をする上で必要な情報を職員全員が共有できる
    「気づく・考える場」
  2. 2.場所に関係なくどこでも作業できる共通の
    「行動する場(ワークプレイス)」
  3. 3.全員が簡単にアクセスできる共通の
    「情報リテラシー(活用)の場」

概要図

基幹連携 概要図

※POWER EGG2.0 自治体版はOracle版のみ提供しております。また、対応するオプション製品が異なります。詳細はお問い合わせください。

ページの終わりです