ページ内を移動するためのリンクです

現在ページ

機能紹介

EX経費|動作環境

動作環境

Windows環境
ハードウェア
(サーバ)
(最小構成)
CPU クワッドコアXeon 以上
HDD 25GB 以上
メモリ* 8.0GB 以上
ソフトウェア OS* Windows Server
2008 R2(x64)(*1),
2012(x64),
2012 R2(x64)
データベース* PostgreSQL (Symfoware Server オープンインターフェース V12.1)
Oracle Database 11g R2
APサーバ Interstage Application Server V9.2(*1),11.1
GlassFish (OSS)
クライアント OS* Windows Vista,7,8,8.1,10
ブラウザ*

【Windows】

  • Internet Explorer 8.0,9.0,10,11(Windows 32bit のみ)
  • Chrome
リマインダー for PC Windows Vista,7,8,8.1,10 (JRE1.6以上)
フルブラウザ版
(タブレットのみ)*
Apple iOS7/iOS8(内蔵ブラウザのみ)
Android 4.1/4.2/4.3/4.4(ブラウザは、Chromeのみ)
制限事項があります。
POWER EGGのバージョン POWER EGG2.0 Ver2.5以降
  • (*1)Oracle版のみ対応しております。
    *赤字箇所はPOWER EGG2.0の動作環境と異なります。
  • ※サーバにはDVDドライブが必須になります。
  • ※Apple iOS9は現時点(2015年9月14日)ではサポートしておりません。
  • ※Android 5.0/5.1は現時点(2015年9月30日)ではサポートしておりません。
  • ※Windows 10のMicrosoft Edgeはサポートしておりません。
  • ※POWER EGG を、仮想環境(VMware、Hyper-V、Oracle VM等)上にてご利用いただく場合、以下の留意事項があります。
    • ・仮想環境で課題が発生した場合、物理環境でも同様の課題が発生する場合のみサポートを行ないます。 仮想環境でのみ発生する課題はサポート対象外となります。
    • ・発生した課題が仮想環境固有の問題と考えられる場合、お客様に物理環境で再現テストをお願いする場合があります。
    • ・仮想環境製品そのものに関するご質問は、仮想環境を販売しているメーカーにお問合せください。
  • ※GlassFishをご利用いただく場合、以下の留意事項があります。
    • ・弊社が提供するインストーラで構成したサーバのみ動作対象とします。
    • ・インストール対象サーバOSはWindows Server 2008 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2となります。
    • ・インストールマニュアルに記載されている設定・運用方法のみサポート対象となります。GlassFish本体に関する問い合わせ、改善要望はサポート対象外となります。
    • ・障害発生の要因がGlassFish本体に起因した場合、障害原因の特定が行えない場合や、有効な対策の提示が行えない場合があります。
    • ※本内容は予告なく変更する場合があります。

ページの終わりです