ページ内を移動するためのリンクです

現在ページ

機能紹介

SOA連携

SOAは、「サービス」と「プロセス・ルール」を分離することにより、様々なシステム変更要求に対し、低コストかつ短納期で対応できる次世代のシステム間連携アーキティクチャーです。

現在対応しているSOA基盤は、以下の通りです。

  1. 日本オラクル:Oracle BPEL Process Manager
  2. 富士通:Interstage Service Integrator
  • 基幹システムとの連携により、業務プロセスで発生する決裁手続きを自動化することができます。
  • 業務プロセスにおける牽制と標準化を促進します。

SOAにおけるPOWER EGGの役割

SOAにおけるPOWER EGGの役割

利用者と利用者を繋ぐ情報伝達エンジンです。

SOA基盤(BPEL)による生産管理ERPとの連携事例

SOA基盤(BPEL)による生産管理ERPとの連携事例

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社主催のMCFrameフォーラム「CONTROL2006」で紹介させて頂いた連携事例です。

※上記製品は、POWER EGG Ver1.9での連携製品です。POWER EGG 2.0の連携についてはお問合せ下さい。

ページの終わりです