ページ内を移動するためのリンクです

現在ページ

機能紹介

LDAP(AD)連携

LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)連携は、ユーザー認証はディレクトリサーバーで行なわれますので、パスワード管理をディレクトリサーバーに一任できます。

  • ユーザ認証をディレクトリーサーバに委任することができます。これによりパスワード管理をディレクトリサーバで一元管理可能です。
  • パスワード情報はAD側にて保有するので、ドメインパスワードと統合でき、セキュリティポリシーの向上につながります!
LDAP(AD)連携

ページの終わりです